聴力を補って生活をする|生活習慣を正してアレルギー性鼻炎の症状を緩和|早めの治療が大切

生活習慣を正してアレルギー性鼻炎の症状を緩和|早めの治療が大切

聴力を補って生活をする

相談

聴力によって選ぶ

補聴器を購入するときには、自分の聴力を知っていないと購入ができません。そのため、耳鼻科や販売店でどのくらい聞こえるのかを計ってみる必要があります。そして、高い音が聞こえない人もいれば、低い音が聞こえないという人もいます。そのため、選び方で音の大きさだけを調整できるものではなく、総合的に判断をして選ぶ必要があります。最近は形状も耳穴型からポケット型やメガネ型なども用意されていて、重度の難聴の人用など用途に応じて選ぶことができます。そして、スポーツが好きな人なども使えるように、防水加工がされているものにするという選び方もあります。

状況によって使い分ける

補聴器は、基本的には自宅でも外出先でもつけたままにすることが多いです。しかし、外出先では見た目が気になるために耳穴型にして、自宅では長時間つけいられるポケット型にするという選び方もあります。そして、長時間つけていると疲れることもあります。そのため、テレビを見るときや会話をするときだけつけるという方法もあります。特に、軽度の難聴であればあまり支障がないため、そのようにしている人もいます。そして、選び方でビジネスで使う場合には、価格は高くなりますが、音環境の変化に対応して正面の音を強調する指向性機能があるものにすることによって、支障なく仕事をすることができます。そして、リモコン付きの補聴器もあり、それにすることによって本体がコンパクトでも、手元で音量などを調整しやすくもできます。