知っておきたいこと|生活習慣を正してアレルギー性鼻炎の症状を緩和|早めの治療が大切

生活習慣を正してアレルギー性鼻炎の症状を緩和|早めの治療が大切

知っておきたいこと

女性

ふたつの種類

難聴の解決策として補聴器が利用されています。補聴器を使うことで、人の言葉の聞き取りやすくし、難聴を改善します。この補聴器は、信号の処置の仕方によってアナログ方式とデジタル方式のふたつに分類されます。アナログ方式は、周囲の音を補聴器で増幅します。このタイプでは、人の話し声だけではなく周囲のいろいろな音も一緒に増幅されます。一方、デジタル方式は、補聴器の中にマイクロプロセッサが内蔵されています。音は補聴器によってデジタル信号に変換され、マイクロプロセッサによって分析、信号処理されます。そしてふたたび、デジタル信号からアナログ信号へと変換されて耳に届きます。アナログ補聴器よりも高度な音の調整ができるため、音の聞こえ方が自然に近くなるという特徴があります。また、使う人の聴力に合わせて細かく調整ができます。

購入と使用

難聴の症状はそれぞれ違いがあり、難聴者によって音の聞こえ方は変わっていきます。補聴器を購入するときは、使う人の聴力に合ったものを選ぶことが大切です。また、日常生活で使うものですから、使う環境と使い心地も重要です。家で過ごすことの多い人、仕事などで人と会話をすることの多い人では周囲の環境が違います。それぞれの環境に合った機能を持ったものを選びましょう。購入の際に自分の生活スタイルを伝えると適切な商品を選んでくれます。そして、実際に装着して使用感を確かめてから購入することをおすすめします。補聴器の使用は、まずは静かな環境で使い始め、徐々に慣れていくようにするといいでしょう。毎日、調整をしながら使用しいくことで、自分に合った補聴器になっていきます。